助産師の転職活動で困ったら、転職のプロに頼りましょう!

苦手な自己PRは助産師求人サイトで解決させよう

これは“助産師さん”に限った話ではないかもしれませんが、転職活動において「自分をどうアピールするか」は非常に重要なポイントです。転職は新卒時に行う就職活動と違います。

「中途採用」は別名で「キャリア採用」とも呼ばれ、〈あなたのキャリア〉〈あなたのスキル〉が重要視されます。つまり、それらをしっかりアピールする事が転職成功の鍵となるのです。
助産師の求人転職に強い求人サイトは?

ところが、私たち日本人はこの「自己アピール」があまり上手ではありません。“助産師さん”にもそれは同様で、自分の長所やキャリアを巧く伝え、相手に理解してもらう事がなかなかスムーズに出来ないケースが多いと言われているのです。

「自己アピールが大切!」という事自体を、転職活動をするほとんどの方が頭では理解できていても、 いざ書類や面接でそれが活かせているのかどうかと言えば、多くの方が出来ていないという事です。 せっかくのキャリアやスキル、長所も、相手に伝わらなければ宝の持ち腐れですね。

では、「自己アピール」が苦手な方の転職活動はどのように進めれば良いのでしょうか?そんな場合は、“助産師さん”に特化した型の〈転職支援サイト〉の利用が有効です。〈転職支援サイト〉と言えば、「多くの求人情報を見る事が出来る転職ツール」といったイメージが強いかもしれません。

しかし、“助産師さん”の為に存在する〈転職支援サイト〉であれば 登録後に専属のコンサルタントが付き、あなたの転職活動を全力でサポートしてくれるのです。

このコンサルタントによるサービスは、求人選びや面接の段取りはもちろん、あなたのキャリアや長所を活かした書類作成や面接に向けた対策などもサポートしてくれますので、苦手な「自己アピール」の解決にも役立てる事が出来るでしょう。

多くの〈転職支援サイト〉が存在しますが、そのほとんどが無料で手軽に利用できるものです。転職活動での心配や疑問の解決に、このようなサービスを有効に利用したいものですね。転職を考えているのであれば、是非賢く利用したいツールです。

転職に失敗した理由とは

スキルアップがしたい、給料が低いなど看護師の転職理由はさまざまです。特に女性が多い看護師の職場は、人間関係がもとで転職をする人も多いようです。

今の職場の不満から逃れるために転職をする方も多いと思いますが、新しい病院がいい環境なのかどうかは実際に働いてみないと分かりません。

転職をしたものの、前の職場よりも人間関係が悪かったり、お給料はいいけれど激務だったりで、転職しなければよかったと感じている人も多いようです。

では、なぜ転職した看護師さんたちは転職に失敗してしまったのでしょうか。

まずは情報の収集不足という理由があります。    

大病院で働いていたAさんは、仕事量の多さやサービス残業、人間関係の悪さを理由に転職を決意しました。

その後、特別養護老人ホームに転職をしたのですが、今度は逆に同僚の看護師スタッフの仕事がいい加減でした。

大病院で経験してきたAさんは、そのいい加減な仕事を許すことができず、職場の雰囲気が苦痛になり結局退職をしてしまいました。

Aさんは2回目の転職で定着できるいい環境の病院を見つけることができたのですが、Aさんはなぜ最初の転職に失敗してしまったのでしょうか。

それは、Aさんは最初の大病院とは全く違う環境の職場を選びたい。その理由だけで、特別老人養護ホームを選んでしまったことにあります。    

特別養護老人ホームでの看護師の仕事の内容はどのようなものなのか、求められるスキルはどのくらいのものなのか、などをよく調べなかったことに原因がありました。    

2回目の転職では、Aさん自身が子育て中のママであることを念頭に入れて、子育て中のママにも理解があり、働きやすい環境に注目をして探した結果いい職場に出逢うことができています。

転職をする際に必要なのは情報収集です。

給料や福利厚生、勤務時間などは求人情報でも知ることはできます。職場の雰囲気を知ることは大変かもしれませんが、気になる病院には実際に足を運んでみたり、ネットなどで検索をして調べることも重要な情報収集なのです。

ママさんナースが復職するためには

結婚や出産・育児を機に看護師を辞めてしまう女性は今でも多くいます。

子育て中だと夜勤ができなかったり、時短で働かなくてはいけないから続けられない、保育所を見つけるのが大変というのが大きな理由です。

中には看護師の仕事を続けたいと思っている人も多くいて、子育てが一段落したらまた復職をしたいと考えているようです。

しかし、復職をするにあたってはいくつかのネックがあります。ママさんナースには保育所を探さなければいけないという作業があります。ママさんナースが復職するためには周りからの支援も重要です。

また、復職ナースさん共通のネックもあります。その一つは医療技術の進歩による問題です。    

近年の医療は速いスピードで技術や知識が変わっていきます。数年のブランクでも、以前までの知識とは変わってしまっていて勉強をし直さなければいけないという意見も多く聞かれます。

そんな復職ナースさんのために再就職のための研修が行われています。

看護師さんが復職をするために必要だと感じる研修としては看護技術、治療に関する知識、専門的な知識などが挙げらえれます。

医療的な技術だけではなく、PCによる処理の仕方などITに関する知識や技術に不安を持ち勉強をしたいという意見もあります。

ブランクが3年以上の看護師さんの約80%の方が再就職時に研修を希望しています。

復職に不安を持っている看護師さんも多いと思います。そんな時は、転職コンサルタントなどに相談をしてみましょう。 研修体制が整っている病院やママさんナースが働きやすい環境の求人情報を提供してくれます。

また、現役復帰をしている以前の職場の同僚や、先輩に現在の医療事情や復職をするときにどのようなことをしたかを聞いてみるのもいいかもしれません。

同じ職場に復職ナースとして働いている人がいるかどうかで働きやすさも変わってくると思います。

転職をすときは事前に職場の環境をリサーチしておくと復職がしやすくなるかもしれませんね。

↑ PAGE TOP