助産師という職業が確立されるまで

助産師の誕生秘話

皆さんは“お産婆さん”と言うお仕事を耳にした事はあるでしょうか?年配の方々にはお分かりになる方も多いかもしれませんね。お産婆さんは、今で言う、助産師さんの事です。

昔からこの助産師と言う呼び名で職業があった訳ではありません。お産婆さんとして、世間的には知られているものでした。明治7年に、東京を筆頭に、大阪、京都の主要都市に発令され、それ以前に呼ばれていた取り上げ婆から産婆と言う呼び名に改称され、免許制へと変更になり、産科医と区別化される職業となりました。

明治23年。「産婆規則」「産婆試験規則」「産婆名簿登録」の公布により、そこで初めて、全国で資格を取得する為の試験が受験出来るようになり、業務範囲の制定がなされる事となりました。

昭和23年。「看護婦規則」「保健婦規則」「保健婦産婦看護法」これらの統一により産婆の呼び名から助産婦へと変更されました。そこで助産婦は、各県から登録されたのち、国の登録(国家資格)となりました。

そして平成14年。保健師助産師看護師と言う名称の改正がなされる事となり、新たに助産師と言う呼び名で正式に変更されたのです。こうみると、法律も月日の流れで色々と変わり、呼び名が今の助産師に定着するまで、長い時間がかかったのですね。

このように、過去から現在までの過程で、全て統一され、助産師ならではの知識と技術をあわせもった資格になったのです。今でも、お産婆さんと言う呼び名で呼んでいる人も、実際は少なくないのではないでしょうか。

たとえ、呼び名が変わっても、業務内容は昔も今も変わらず同じです。新たな命の誕生に携わる助産師。 助産師だからこそ、命の尊さ、神秘さを伝えていく事ができ、助産師ならではの豊富な知識と経験を活かす事で、たくさんの人々をサポートしていけるのだと思います。

助産師は非常に重要で、必要不可欠な、素晴らしい職業だと言えるでしょう。

↑ PAGE TOP