助産師の労働環境が向上すると良いですね。

仕事を辞めてしまう助産師さんが多い?

一般的に離職・転職率の高い職業として知られる“看護師さん”ですが、じつはその中でも“助産師さん”は、とくに離職・転職が目立つと言われています。仕事を辞めてしまう原因として、“看護師さん”・“助産師さん”、このどちらにも共通して言える事は「ハードな業務」だと言えるのではないでしょうか?

“看護師さん”・“助産師さん”、この二つは、昼夜を問わず人の命に関わるお仕事です。それだけでも、この職業がいかにハードなものであるのかが想像に容易いですね。また、“助産師さん”のお仕事は赤ちゃんを取り上げるだけでなく「産前・産後のお母さんのケア・サポートする事」も大変重要な役割なのです。

出産を控えたお母さん方や、また出産を終えて間も無いお母さん方は、心身ともに非常にデリケートな状態です。体調の変化も起こりやすく、また情緒不安定にも陥りやすいこの時期の女性をサポートする“助産師さん”という職業は、“看護師さん”とはまた違った苦労も多いようです。

もちろん、この点が原因であるとは一概には言えないでしょう。また、「“助産師さん”のお仕事とは、こういうものだ。」といった現実をあらかじめ理解しておく事で、防げる離職・転職もあるはずですね。 しかし、現実として“助産師さん”による離職・転職は非常に多いのだそうです。

また、多くの場合、離職によってお仕事を辞めた“助産師さん”達は転職によって新たなスタートを切っていると言われています。

“助産師さん”の求人状況として、「人手不足」が叫ばれている状態でもありますので、現在勤める職場に何らかの不満を持っているのであれば、転職で新たなスタートを切る事でその不満を解決できるケースも多いはずですね。

「人間関係などの環境が良くない・・・」「給与面に不満がある・・・」このような悩みをお持ちなのであれば、一度転職を視野に入れてみてはいかがでしょうか?多くの“助産師さん”達がそうであった様に、あなた自身にとってより良い職場があるのかもしれませんね。

↑ PAGE TOP