助産師が復帰しやすい環境になると良いですね。

助産師さんの復帰について

私たちが暮らす日本では、“助産師さん”は女性にしかなる事が出来ない職業です。ですので、“助産師さん”として活躍する方の中には、結婚や出産、子育てなど、家庭の事情から現場を退いてしまった方も珍しくはありません。

しかし、せっかく取得した[助産師国家資格]です。様々な事情から離職をしてしまったとしてもいつかはまた“助産師さん”として活躍したいと考えてしまいますよね。では、一度は〈お産〉の現場を離れてしまった“助産師さん”は、どのように復帰を目指せば良いのでしょうか?

[助産師国家資格]を持ってはいるけれど、長い期間の空白期間を抱えたままの復帰には不安がつきものです。このような場合、助産師会による「潜在助産師の研修」などを受ける事をオススメします。

お住まいの地域によって様々なサポートが存在しますので、自信を持って現場復帰できるようこれらをうまく利用してみて下さい。また、求人を探す手段についての工夫も必要ではないでしょうか?「就職」「転職」活動をするとなれば、多くの方が職安や求人情報誌を思いつくのではないでしょうか?

人材が不足していると言われている“助産師さん”ですので、求人情報の収集自体に困る事は少ないでしょうが、その求人が本当に自分にマッチしているのか、また現在のライフスタイルとの両立が叶うのか否か・・・

これらの心配や疑問がある場合、自力での就職・転職活動には限りがあるはずです。職安や求人情報誌だけでは分かり得ない内部情報や、自分の希望する条件とのバランスなど、できれば第三者からの意見があった方が心強いですよね。

そんな場合は、“助産師さん”に特化した型の〈転職支援サイト〉を利用してみて下さい。〈転職支援サイト〉では、あなた専属についたコンサルタントがよりあなたにマッチした求人を選ぶサポートをしてくれます。

求人情報の数も多く、多くの選択肢の中から無理無く復帰が可能な職場を探す事が出来るのでオススメです。

↑ PAGE TOP